国際教育に関するシンポジウム・講演会・研究会の情報をお知らせします


by jies
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

王智新,叶林会員のコメントが『朝日新聞』に掲載

『朝日新聞』の特集「21世紀の留学生戦略」(全4回.2005年2月28日~3月3日)の第3回「日本 残る多くの課題」(3月2日付の紙面に掲載)に,本学会の王智新会員(宮崎公立大学)および叶林会員(広島大学大学院)のコメントが掲載されました.
叶会員のコメントは,第15回大会での報告がもとになったとのことです.

叶林会員のコメント

元中国浙江大講師で、広島大の博士課程後期に在籍する叶林さん(高等教育学)によると、7割が大学院修士課程で、中国が世界貿易機関(WTO)に加盟した01年以降に急増。豪米ともMBA(経営学修士)プログラムが目立つ。学費は中国国内に比べると1・5倍から2倍と高いため、MBAには企業から派遣されてくる場合が多い。

ただ、学生にとっては実際に海外に行くよりは費用が抑えられ、政府にとっても大学の競争力の向上や人材、資金の流出防止につながるというメリットがある。進出大学にとっては授業料収入が入るほか、自らの国際化のPRにもなる。


王智新会員のコメント

宮崎公立大の王智新教授(教育学)は「合作は中国での拠点になるし、人材育成にもなる。それに中国で将来、百%海外出資の大学が認められたとき、合作をつくっておくことが有利になるだろう」と合作を勧める。

特集記事の全文がasahi.comのサイトに転載されていますので,ぜひご覧ください.
第1回 「海外 アジア太平洋地域」(⇒ここをクリックで記事へ)
第2回 「中国 思惑と日本留学事情」(⇒ここをクリックで記事へ)
第3回 「日本 残る多くの課題」(⇒ここをクリックで記事へ)
※王,叶両会員のコメントは,この回の「狙うは優秀な学生」という部分にあります.
第4回 「展望 日本は何をすべきか」(⇒ここをクリックで記事へ)

関連 「社説 アジア留学生 受け入れて日本を輝かす」(2005年3月3日)
(⇒ここをクリックして記事へ)
[PR]
by jies | 2005-03-15 20:43 | 会員の活動紹介