人気ブログランキング |

国際教育に関するシンポジウム・講演会・研究会の情報をお知らせします


by jies
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
JICA地球ひろば【大学生ワークショップ】豊かさって何だろう?-協力隊の現場から考える-

未来を担う大学生(大学院生)を対象に、世界の課題を「ジブンゴト」として考えるきっかけになるイベントを開催します!

豊かさとは何でしょうか?
JICA海外協力隊は世界の様々な場所で、いろいろな「豊かさ」を経験しています。今回はモンゴルと東ティモールの暮らしから開発途上国の豊かさの事例を紹介します。
ワークショップでの意見交換やケースワークでのJICA海外協力隊経験者の話を通して、世界の課題をよりリアルに感じることができます。
皆さんならどう考え、どう行動しますか?
この機会にみんなで「豊かさ」について考えてみませんか?

ワークショップに初めて参加される方も大歓迎!
世界の課題について考えるきっかけに、ぜひご参加ください!
(JICA 地球ひろば Webサイトより)

講師:佐藤 秀樹(JICA地球ひろば 総括)
岡山 萌美(JICA地球ひろば 地球案内人)
松井 理恵子(JICA地球ひろば 地球案内人)
日時:2021年2月27日(土曜日)10:30から12:00
対象:大学生(大学院生含む)
定員:30名(先着順)
会場:Zoomによるオンライン開催
参加費:無料(事前参加申込み必須。詳細は、以下の本イベント特設Webサイトを参照してください。)

【お問い合わせ】
JICA地球ひろば 地球案内デスク
Tel:0120-767278
Eメール:chikyuhiroba※jica.go.jp (※を@に換えてください)
JICA地球ひろば【大学生・大学院生対象ワークショップ】_c0046127_16161562.png


# by jies | 2021-02-12 16:19 | 研究会(それ以外)
会員による出版の紹介(前田耕司会員, Zane M. Diamond会員, 佐藤千津会員)_c0046127_23173799.jpg

編 者:Peter J. ANDERSON, Koji MAEDA, Zane M. DIAMOND, Chizu SATO
書 名:Post-Imperial Perspectives on Indigenous Education: Lessons from Japan and Australia
出版社:Routledge
出版年月:2020年10月
定 価: £190.00 (\28,824)
ISBN:9780367001957
ハードカバー: 302 pages

内容説明 Book Description
This book explores the impact of the United Nations Declaration on the Rights of Indigenous Peoples in Japan and Australia, where it has heralded change in the rights of Indigenous Peoples to have their histories, cultures, and lifeways taught in culturally appropriate and respectful ways in mainstream education systems.

The book examines the impact of imposed education on Indigenous Peoples’ pre-existing education values and systems, considers emergent approaches towards Indigenous education in the post-imperial context of migration, and critiques certain professional development, assessment, pedagogical approaches and curriculum developments.

This book will be of great interest to researchers and lecturers of education specialising in Indigenous Education, as well as postgraduate students of education and teachers specialising in Indigenous Education.
[by Routledge: Taylor & Francis Group]

目次 Table of Contents
Chapter 1: Introducing Indigenous education in Japan and Australia (By Peter J. Anderson, Koji Maeda, Zane M. Diamond, Chizu Sato)
Part I: Historical perspectives on Indigenous education, Indigenous higher education, and teacher education in Japan and Australia
Chapter 2: An Indigenous history of education in Japan and Australia (By Chizu Sato, Zane M. Diamond)
Chapter 3: The place of Indigenous Peoples in multicultural education: Policies, debates and practices in Australia and Japan (With Kaori Okano)
Chapter 4: Higher education in Japan and the history of Ainu demands (By Koji Maeda)
Chapter 5: Indigenous higher education in historical context in Australia (With Leanne Holt)
Part II: After UNDRIP: Japanese and Australian responses and possibilities
Chapter 6: Challenges and responses to UNDRIP in Australian and Japanese Indigenous education (By Zane M. Diamond, Chizu Sato)
Chapter 7: Embracing and resisting Indigenist perspectives in Australian pre-service teacher education (By Peter J. Anderson, Zane M. Diamond, Jeane F. Diamond)
Chapter 8: Teacher education issues in Okinawa (With Kengo Kakazu, Eisuke Saito)
Chapter 9: Questioning current issues in the higher education sector for Japan’s Ainu People (With Jeffrey J. Gayman, Masayuki Ueno)
Chapter 10: Stabilizing and sustaining Indigenous leadership in Australian universities (By Peter J. Anderson, Zane M. Diamond)
Part III: Considering post-imperial Indigenous education in Japan and Australia
Chapter 11: The significance of building an Ainu-led higher education system and the empowerment of the Indigenous Ainu (By Koji Maeda, Kaori Okano)
Chapter 12: The usefulness of the idea and concept of reconciliation for guiding Australian Indigenous higher education in the postcolonial, post-imperial world (By Veronica Goerke, Peter J. Anderson)

出版社のページ
https://www.routledge.com/Post-Imperial-Perspectives-on-Indigenous-Education-Lessons-from-Japan-and/Anderson-Maeda-Diamond-Sato/p/book/9780367001957

Amazon.co.jpで購入
https://www.amazon.co.jp/Post-Imperial-Perspectives-Indigenous-Education-Australia/dp/0367001950

# by jies | 2020-11-15 23:11 | 会員の活動紹介
会員による出版の紹介(金塚基会員)_c0046127_07411902.jpg
著者:郭潔蓉・森下一成・金塚基
書名:多文化社会を拓く
出版年月:2019年9月
定価:2,145円(税込)
ISBN:9784896412697
A5・148ページ

紹介ページ
https://www.yodobashi.com/product/100000009003199419/

目次(「BOOK」データベースより)

多文化社会を探る
日本における多文化社会の形成
異文化の流入と公共空間の変容
異文化の積極的受容と地域資源化の課題
外国人集住地区の多文化共生政策
協働と共創
多文化社会に向けたコミュニティ・デザイン
高度人材の獲得
夜間中学の変化と多文化共生
定時制高校における多文化共生
朝鮮学校と多文化共生
地域の生涯学習政策における多文化共生

# by jies | 2019-10-17 07:34 | 会員の活動紹介
オーストラリア先住民族の主体形成と大学開放
著者:前田耕司
書名:オーストラリア先住民族の主体形成と大学開放
出版年月:2019年8月
定価:3,800円+税
ISBN:9784750348438
A5・236ページ

出版社のページ
https://www.akashi.co.jp/book/b472900.html

内容紹介
オーストラリアのアボリジニ先住民高等教育について、いかに自己決定を促進し、主体形成を意図した能力開発をおこなっていくことができるか、またいかに専門職養成の高等教育システムを構築できるかを日本のアイヌ民族教育と比較しながら考察する。

# by jies | 2019-08-27 16:22 | 会員の活動紹介
★本催事のFacebookイベントページはこちら

中国語圏の教育、海外の高等教育改革に関心をお持ちの方に、公開講演会のご案内です。マカオで唯一の公立大学であるマカオ大学(The University of Macau)は、2014年のキャンパス移転を機に「住宿式書院制度(Residential College System)」の本格的導入に踏み切ったことで、大きな注目を集めています。

いま中国・台湾・香港・マカオを含む両岸四地では、レジデンシャル・エディケーション、リベラルアーツ・エデュケーションなど、さまざまな概念を包含する「書院教育」という言葉が高等教育改革のキーワードの一つとなっています。両岸四地の多くの大学が「書院教育」の名の下にさまざまな取り組みを進めていますが、マカオ大学の取り組みは、規模と内容の両面で特筆すべき教育上の実験となっています。

科研費「レジデンシャル・カレッジの導入と定着にみる中台港澳高等教育改革比較研究」(研究代表者:山﨑直也)では、下記の要領で公開講演会を開催します。マカオ大学の10の住宿式書院(Residential College)の一つである呂志和書院(Lui Che Woo College)より葉銘泉(YIP Ming Chuen)院長をお招きし、マカオ大学の書院制度の理念と実践について語っていただきます。
皆様のご参加をお待ちしております。

マカオ大学呂志和書院長葉銘泉氏公開講演会

日時:2017年7月3日(月) 18:00~20:00
場所:目白大学新宿キャンパス10号館3階 10300教室
題目:澳門大學書院系統的理念與實踐(マカオ大学カレッジ・システムの理念と実践)
使用言語:中国語(通訳あり)
参加費:無料(お名前とご所属をメールでお知らせください)
お問い合わせ:帝京大学外国語学部 山﨑直也
yama708[at]main.teikyo-u.ac.jp ※[at]を@に替えてください。

【参考】
マカオ大学の住宿式書院制度について


マカオ大学呂志和書院長葉銘泉氏公開講演会_c0046127_07110668.jpg

# by jies | 2017-06-14 07:11 | 研究会(それ以外)