国際教育に関するシンポジウム・講演会・研究会の情報をお知らせします


by jies
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
国際シンポジウムのご案内

International Symposium on Education Aid Effectiveness--Implications for Japan and the Global Community--


広島大学教育開発国際協力研究センター主宰により、開発援助の有効性について議論を行う下記の国際シンポジウムが開催されます。EFAやMDG達成のために成されている援助が必ずしも効果的に活用されていない現状がありますが、それらの問題について開発援助に携わる研究者や援助機関の方々にご発表頂くものです。参加ご希望の方は、下記メール宛にご連絡下さい。


日時:2011年3月15日(火) 10時00分~17時00分
場所:政策研究大学院大学・想海樓ホール
   最寄り駅:都営大江戸線 六本木駅 (徒歩5分)
        東京メトロ日比谷線 六本木駅 (徒歩10分)
        東京メトロ千代田線 乃木坂駅 (徒歩6分)
言語:英語
宛先:広島大学教育開発国際協力研究センター 宛
FAX:082-424-6913
E-mail: sachikono※hiroshima-u.ac.jp (担当:河野) (※印を@に変えて送信して下さい。)

http://home.hiroshima-u.ac.jp/cice/new/20110222.pdf

以上
[PR]
# by JIES | 2011-03-07 19:33 | 国際会議
c0046127_21245776.jpg

編著者:江原裕美
書 名:国際移動と教育―東アジアと欧米諸国の国際移民をめぐる現状と課題―
出版社:明石書店
出版年月:2011年1月
定 価: 4,095円(税込)
ISBN-13:978-4750333199
Amazon.co.jpで購入する
[PR]
# by JIES | 2011-01-12 21:27 | 会員の活動紹介
仙台白百合女子大学を会場に行われた第21回大会(2010年9月11-12日)は、無事終了しました。
[PR]
# by JIES | 2010-09-13 18:45 | 研究会(学会主催)
本学会第21回大会(2010年9月11日〔土〕・12日〔日〕、於:仙台白百合女子大学)の開催案内を学会ホームページに掲載しました。

詳細は、以下の第21回特設ページをご覧ください。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jies/kenkyutaikai/2010fall.html
[PR]
# by jies | 2010-06-07 09:09 | 研究会(学会主催)
本学会が後援する国際シンポジウムのプログラムです。PDFファイルでご覧いただけます。

第五回東アジア大学院生国際シンポジウム及び比較教育古典名著フォーラム

期日:2010年5月1日
場所:国立曁南国際大学(台湾南投県)

プログラム(PDFファイル、702KB)
[PR]
# by jies | 2010-04-26 11:42 | 国際会議
c0046127_1149610.jpg『国際教育学の展開と多文化共生』
出版社:学文社
ISBN-10: 4762020621
ISBN-13: 978-4762020629
出版年:2010年4月
Amazon.co.jpで購入

正会員(一般)の皆様には学会より送付させていただきます。学生正会員の皆様には特別価格にて頒布いたします。
詳細はこちらをご覧ください。
[PR]
# by jies | 2010-04-13 11:49 | その他
2010年春季研究会(2010年3月27日〔土〕,於:相模女子大学)のプログラムを学会ウェブサイトにアップしました。2010年春季研究大会専用ページより、PDF形式で配布中です。

2010年春季研究大会ウェブページ
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jies/kenkyutaikai/2010spring.html
[PR]
# by jies | 2010-03-12 16:39 | 研究会(学会主催)
c0046127_8115193.jpg















Gregory S. Poole
THE JAPANESE PROFESSOR: An Ethnography of a University Faculty
ISBN-10: 9460911544
ISBN-13: 978-9460911545
Paper back: 204 pages
Language: English

出版社のウェブサイトを見る
Amazon.comで購入

This monograph is a substantial contribution to our knowledge of the internal workings of a Japanese university, focussing on the world view of the professor. In this anthropological case study of a private university in urban Tokyo conducted through extended participant observation, Gregory Poole, at once both an insider and outsider, tells an ethnographic story that explicates a professoriate's working world. The author addresses one basic problem-how do Japanese professors configure their working world? In answering this research question, he demonstrates how the present climate of competition and restructuring means that faculty members in Japan are faced with the challenge of culturally translating largely western concepts of the university while steadfastly preserving their own local culture of higher education. This book describes the resulting cultural debates and competing discourses that surround the key concepts in the work-life of Japanese professors. It is of special interest to scholars in the fields of comparative education, Japanese Studies, and sociocultural anthropology as well as academic and administrative staff employed at universities in Japan and abroad. "There have been few anthropological analyses of the lives and work of university professors in Japan, or for that matter, anywhere else. Poole is able to give satisfactory explanations perhaps for the first time in the English literature as to why Japanese universities function in the ways that they do, ways that sometimes seem bizarre and counter-productive to the western observer." J.S. Eades, Professor of Anthropology and Dean of the School of Asia Pacific Studies, Ritsumeikan Asia Pacific University. Gregory S. Poole is Professor of Anthropology in the Graduate School of Humanities and Social Sciences at the University of Tsukuba. His area of research includes the anthropology of education, language, and Japan and his publications include Higher Education in East Asia: Neoliberalism and the Professoriate (2009), co-edited with Ya-chen Chen, and "The Japanese University in Crisis" (2005), coauthored with Ikuo Amano (Higher Education).
[PR]
# by jies | 2010-03-07 08:19 | 会員の活動紹介
成人教育に関する国際セミナー
―第6回国際成人教育会議(CONFETIA VI)の成果と課題―

セミナー概要

・趣旨
ブラジルのベレンで開催された「第6回国際成人教育会議」(2009年12月1日~4日)の成果と課題を明らかにするために、会議に参加した国のうちドイツ・インドネシア・カンボジア・韓国・タイ・バングラデシュから実際に会議に参加した専門家を招聘し、発表と討論を行います。さらに我が国からの専門家も交えて我が国及びアジア各国における今後の成人教育のあり方について意見交換を行います。

・日程
平成21年2月19日(金) 9:50~17:00 (開場9:20)

・主催
国立教育政策研究所

・会場
霞ヶ関ナレッジスクエア(東京都千代田区霞ヶ関3-2-1 霞ヶ関コモンゲート西館3階)

《アクセス》
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅 11番出口より徒歩1分
丸の内線/千代田線/日比谷線「霞ヶ関」駅 A13番出口より徒歩6分
丸の内線/千代田線「国会議事堂前」駅 4番出口より徒歩6分
銀座線/南北線「溜池山王」駅 8番出口より徒歩7分

《地図》
http://www.kk2.ne.jp/footermenu/access.html

・プログラム

セッション1: 第6回国際成人教育会議を振り返って(10:10~12:15)

報告
立田慶裕 国立教育政策研究所生涯学習研究部総括研究官
岩崎久美子 国立教育政策研究所生涯学習研究部総括研究官
笹井宏益 国立教育政策研究所生涯学習研究部総括研究官

発表
エフサヌル・ラフマーン ダッカ・アフサニア・ミッション理事長(バングラデシュ)
荒井容子 草の根会議代表・法政大学社会学部教授

全体討論

セッション2: 諸外国の成人教育-公民館との比較から(13:30~15:30)

発表
スリサワン・レオワリン教育省NFE局専門官(タイ)
ウーウェ・ガーテンシュレイガー国際成人教育協会国際教育研究所副所長(ドイツ)
ロマ・コウ・コウチ 教育青少年スポーツ省NFE局次長(カンボジア)
エリ・スディアパマナ 教育省コミュニティ教育局次長(インドネシア)

コメント
柴尾智子 (財)ユネスコ・アジア文化センター教育協力課長
川上千春 (社)日本ユネスコ協会連盟教育事業部長

全体討論

セッション3: これからの成人教育を展望する(15:45~17:00)

発表
イウスン・バイク国立平成教育研究所平成教育局長(韓国)
笹井宏益 国立教育政策研究所生涯学習研究部総括研究官
神代浩 文部科学省生涯学習政策局社会教育課長

全体討論

・参加対象者
生涯学習・成人教育政策の担当者及び研究者の方など

・その他
入場無料、同時通訳あり

・問い合わせ
「成人教育に関する国際セミナー」事務局
株式会社 ザ・コンベンション内
TEL:03-3423-4180
FAX: 03-3423-4108
ale-seminar[アット]the-convention.co.jp

・参加申し込み
上記のメールアドレス・またはFAXまで『所属先・氏名・連絡先(メール・TEL/FAX)』を明記の上、2010年2月18日(木)17時までに。書式は自由。

こちらよりチラシをご覧いただけます。
[PR]
# by jies | 2010-02-16 00:59 | 国際会議
2010年5月1日に台湾・国立曁南国際大学比較教育学科(台湾南投県)で開催される「第五屆東亞研究生國際研討會曁比較教育經典閲讀學術論壇(第5回東アジア大学院生国際シンポジウムおよび比較教育古典名著フォーラム)では、日本国際教育学会員の論文発表を参加を募集しています。詳細は以下の自由研究発表申込用紙および論文投稿要領をご覧ください。

自由研究発表申込用紙
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jies/dlfiles/appform_taiwan.doc

論文投稿要領
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jies/dlfiles/call_for_papers_taiwan.pdf
[PR]
# by jies | 2010-01-31 07:47 | 国際会議