「ほっ」と。キャンペーン

国際教育に関するシンポジウム・講演会・研究会の情報をお知らせします


by jies
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2005年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

岡田昭人会員(東京外国語大学留学生日本語教育センター)より,下記の通り,研究会の案内がありました.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

現在、特に国立大学における短期留学プログラムは、留学生への奨学金削減の問題をはじめ、単位互換制度、授業運営、成績評価、生活指導等々に関して様々な問題を抱えております。本科研はそうしたプログラムの制度設計や授業運営に内在する様々な問題を主にアンケート調査を実施しながら解明すると共に、今後のプログラムの一層の改善と展望を示唆することを主眼としております。

 ついてはこの度、12月10日に本研究の一環といたしまして、アンケート調査にご協力頂きました全国国・私立大学における短期プログラム担当者並びに国際交流担当の関係者をお招きし、研究会を実施することとなりました。

 多くの皆様のご参集をお待ちしております。



日時:平成17年12月10日(土) 10:15~17:30 (受付9:50~)
場所:東京外国語大学 留学生日本語教育センター棟 サクラホール
⇒アクセス:府中キャンパスキャンパスマップ
参加費:無料
⇒ただし希望者のみ、昼食…1,000円、懇親会費…4,000円が必要となります。
企画責任者:岡田昭人 (東京外国語大学留学生日本語教育センター助教授)
共催:東京外国語大学国際学術戦略本部

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

プログラム:

研究会の内容(11月8日現在)

『新しい留学生プログラムの開発とその評価に関する研究会』

午前の部(10:15-12:15)
「短期留学生プログラムの現状と問題点」基調講演と事例発表 
司会:丹羽泉(東京外国語大学助教授:留学生短期プログラム・ダイレクター)
① 基調講演 「短期留学生プログラム制度と課題」
     野水勉:(名古屋大学)
② 事例発表
国立大学の事例:岡田昭人(東京外国語大学)
    「東京外国語大学短期留学生プログラム(ISEPTUFS)の現状と課題」
私立大学の事例:近藤祐一(南山大学)
    「南山大学の留学生別科プログラムを振り返る」
     質疑応答
昼食
午後の部(13:30-17:30):パネルディスカッション1・2
パネルディスカッション1:「短期プログラムの開発と評価」
司会:岡田昭人(東京外国語大学)
①佐藤由利子(東京工業大学):「東工大における、IJ共同授業の実践とその効果」
②高橋史郎(早稲田大学留学生センター事務長):「早稲田大学国際教養学部の事例:日本人学生の派遣計画を中心にして」(仮題)
③鈴木雅久(電気通信大学)
 「短期留学プログラムと学部・大学院の国際科目」

パネルディスカッション2:「短期留学生プログラムの政策的展開」
司会:野水勉(名古屋大学)
①堀江学((JAFSA(国際教育交流協議会)理事・事務局長):
「UMAPの経緯とその意義についての一考察」(仮題)
②堀田泰司(広島大学)
「UMAPの現状と課題:UCTSとLearning Outcomesによる教育の質保証のあり方について」
③太田浩(一橋大学、日本学術振興会リサーチ・アドバイザー):
「大学国際戦略本部事業等の視点から短期留学プログラムを考える」(仮題) 
 
総合討論:「短期留学生プログラムの課題と展望」
司会:太田浩(一橋大学)・岡田昭人(東京外国語大学)

懇親会:東京外国語大学生協食堂円形ホール (17:45-19:45)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

参加申込:
参加を希望される方は、以下の必要事項をご記入の上、 岡田昭人(aokada@tufs.ac.jp )までご送信下さい。

お名前
大学
ご所属
研究会のご出欠
昼食(有料)のご希望の有無
懇親会(有料)のご出欠

お問い合わせ ご質問等がございましたら以下の連絡先までご連絡下さい。

岡田昭人研究室 東京外国語大学留学生日本語教育センター助教授
Tel 042-330-5404
E-mail aokada@tufs.ac.jp
[PR]
by jies | 2005-11-29 07:51 | 研究会(それ以外)