国際教育に関するシンポジウム・講演会・研究会の情報をお知らせします


by jies
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

会員による出版の紹介

c0046127_8462276.jpg


編 者:日本学習社会学会創立10周年記念出版編集委員会
書 名:地域社会における学習支援の再構築
出版社:明石書店
出版年月:2016年9月
定 価:2,600円+税
ISBN:9784750343952
A5版 180頁

出版社のページ
http://www.akashi.co.jp/book/b244685.html


amazon.co.jpで購入
https://www.amazon.co.jp/dp/4750343951


内容説明
「学習社会」の実現という課題に、研究と実践の両面にわたる多様な側面からアプローチしてきた日本学習社会学会。「地域社会における学習支援の再構築」にスポットをあて、学習社会実現への新たな展開を探るとともに、創立10周年となる会の研究と実践の軌跡をたどる一冊。

目次(太字下線が本学会員)
序言(岩﨑正吾

第1部 学習社会への展望と研究の諸相

 1.学習社会への展望と課題

第1章 学会設立の背景と期待――自分史を振り返りながら(川野辺敏)
 1 私の戦争体験とその後の遍歴
 2 教育調査・研究への仲間入り
 3 生涯学習・共生・学習社会のはざまで
 4 学会設立への着手と今後の期待

第2章 学校教育の観点から(小島弘道)
 1 人間、社会における「学習社会」の視野
 2 「学習社会」研究と学校教育
 3 学習社会学会の課題――「知識基盤社会」から「学習基盤社会」に向けて

第3章 マイノリティ教育と学習社会研究の再構築――教育・研究方法の脱植民地化と先住民族の主体形成(前田耕司
 1 序
 2 日本における先住民族アイヌ主体の支援プログラム構築の可能性と課題
 3 モナシュ大学におけるアボリジニを主体とする教授陣による教員養成の再組織化
 4 結

 2.学習社会研究の諸相

第4章 「生き方」と学習の関係――学習社会論の観点から(新井郁男)
 1 フォール報告への注目
 2 フロムの捉えるTo Be

第5章 学習社会における言語と教育――学社連携による先住少数民族の言語・文化復興の取り組みと課題(岩﨑正吾
 1 はじめに
 2 クラスノヤルスク地方におけるエヴェンク人の母語認知・使用状況
 3 エヴェンク地区における学校教育の課題
 4 トゥラー寄宿制初等中等普通教育学校における母語・母文化教育
 5 エヴェンク地区の補充教育機関における母語・母文化教育
 6 おわり

第6章 コミュニティ・スクールの多様化の実態分析――学校運営協議会設置規則の分析を通して(佐藤晴雄)
 1 学校運営協議会の設置目的
 2 学校運営協議会権限等の位置付け
 3 「スクール・ガバナンス」度による学校運営協議会規則の分析
 4 要約


第2部 地域社会における学習支援の再構築

第7章 地域問題・課題の解決と学習社会――環境学習の観点から(関啓子)
 1 環境教育――子どもとおとなが生物多様性を学ぶ
 2 森の危機――環境破壊計画と強制収用
 3 「提案型」市民運動
 4 市民力の醸成過程としての学び
 5 運動が提起したことと残された課題

第8章 実践主義的アプローチによる学校と地域の連携・協働(篠原清昭)
 1 実践主義的アプローチによる学校と地域の連携・協働の価値
 2 実践主義的アプローチによる学校と地域の連携・協働の課題と方法6

第9章 学習社会構築に関わる施策と行政の現状と課題――インフラとしての学校施設整備の視点から(堀井啓幸)
 1 学習社会構築に関する生涯学習施策の地平
 2 学校開放・学校施設複合化にみる生涯学習の基盤整備の現状と課題
 3 「せめぎあい」を前向きに活かすためのネットワーク型行政

第10章 学習社会における教師の専門性(佐藤千津
 はじめに
 1 教師の「質」を規定するとは――問題の所在
 2 教師の「専門性基準」とは
 3 教師の専門性と「チームとしての学校」構想の意味
 4 教師の「専門職化」と「専門性基準」
 おわりに

〈投稿論文〉

第11章 昭和初期の校外教育実践における教育者と子どもの関係について――松美佐雄の「動的」概念を手がかりに(松山鮎子)
 はじめに
 1 松美佐雄の問題意識と活動の目的
 2 学校教育の補完的役割としての教師の童話学習
 3 お話の場における子どもと教育者の関係
 おわりに

第12章 戦後教育改革期における「地域大学」構想の一事例――中野藤吾と立川学園の活動をめぐって(木田竜太郎
 はじめに
 1 中野藤吾の経歴と占領下の立川
 2 財団法人立川学園・立川専門学校の設立
 3 中野藤吾の「地域大学」構想と立川短期大学
 むすびにかえて

〈付録〉
  ○日本学習社会学会10年の歩み(佐藤晴雄)
  ○日本学習社会学会創立10周年記念出版投稿規程

 索引
 執筆者紹介
[PR]
# by jies | 2016-09-17 08:36 | 会員の活動紹介
Trends and Directions of International Student Mobility
-from Perspectives of UOE Data Collection and UIS-

Guest Speaker:Dr. Chiao-Ling Chien
A researcher and data analyst at the UNESCO Institute for Statistics (UIS)

日 時:2016年1月29日(金) 時間: 14:00~16:00(13:30開場)
Date & Time: Friday, January 29, 2016 14:00-16:00 (Doors open at 13:30)

場 所:一橋大学千代田キャンパス 商学研究科リエゾン・ラボ(1階)〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内
Venue: Liaison Laboratory, Graduate School of Commerce and Management, Hitotsubashi University
1 Floor, Gakujutu Sogo Center (National Institute of Informatics Bldg.)
2–1–2, Hitotsubashi, Chiyoda–ku, Tokyo 101-8439
Map:http://www.ics.hit-u.ac.jp/map/

使用言語:英語
Language:English

主 催:文科省先導的大学改革推進委託事業
    留学生受入れ支援方策の効果検討調査研究チーム
代 表 白石勝己(公益財団法人アジア学生文化協会 理事・事務局長)
副代表 太田 浩(一橋大学 国際教育センター 教授)

申込先:公益財団法人アジア学生文化協会 国際教育支援事業部【担当:柴田 涼】
    電 話:03-3946-7565 FAX:03-3946-7599 メール:shibata@abk.or.jp
    〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13

Host: Research Project for “Study on Effectiveness of 300,000 International Students Plan” commissioned by MEXT (Promotion Fund of Leading University Reform)
Principal Investigator: Mr. Katsumi Shiraishi, Director, Secretary General, The Asian Students Cultural Association, Asia Bunka Kaikan (ABK)
Sub-PI: Prof. Hiroshi Ota, Ph.D., Center for Global Education, Hitotsubashi University

Agenda (tentative):
1. Introduction to International Education Statistics
2. Definition of "international students" and how to count them
3. Emerging trends in international student mobility
How to apply: Send an e-mail to Mr. Ryo Shibata, shibata@abk.or.jp, including your name, position, organization, telephone and e-mail address.

======
How to apply: Send an e-mail to Mr. Ryo Shibata, shibata@abk.or.jp, including your name, position, organization, telephone and e-mail address.

■セミナー申込書■
1)氏名Name: 2)所属/職位 Occupation: 3)連絡先電話Phone: 4)E-Mail:
参加ご希望の方は上記内容記載の上shibata@abk.or.jp までお送りください。
======

Dr. Chiao-Ling Chien: A researcher and data analyst at the UNESCO Institute for Statistics (UIS)

Dr. Chiao-Ling Chien recently co-edited and co-authored a UNESCO publication, Higher Education in Asia: Expanding out, Expanding Up. She has also produced several analyses on equity and access to higher education, internationalization trends, international student mobility and the relevance of scientific mobility to innovation.
In the UIS, Chien specializes in developing international indicators to assess higher education systems across countries. She provides consultation to national education statisticians or planners regarding constructing higher education indicator and information systems, and she also advises researchers on national/international databases and methodology on higher education statistics.
Chien holds a Ph.D. on higher education from the University of Minnesota, USA. She earned a master’s degree in adult and continuing education and a bachelor’s degree in money and banking in Taiwan.

下記ホームページでも参照できます。
http://www.jpss.jp/doc/special_seminar.pdf
[PR]
# by jies | 2016-01-25 07:19 | 研究会(それ以外)
c0046127_153592.jpg


編 者:Kaori H. OKANO
書 名:Nonformal Education and Civil Society in Japan
出版社:Routledge
出版年月:2015年9月
定 価:160.00$
ISBN:9780415745307
ハードカバー 202頁

内容説明
Nonformal Education and Civil Society in Japan critically examines an aspect of education that has received little attention to date: intentional teaching and learning activities that occur outside formal schooling.

In the last two decades nonformal education has rapidly increased in extent and significance. This is because individual needs for education have become so diverse and rapidly changing that formal education alone is unable to satisfy them. Increasingly diverse demands on education resulted from a combination of transnational migration, heightened human rights awareness, the aging population, and competition in the globalised labour market. Some in the private sector saw this situation as a business opportunity. Others in the civil society volunteered to assist the vulnerable. The rise in nonformal education has also been facilitated by national policy developments since the 1990s.

Drawing on case studies, this book illuminates a diverse range of nonformal education activities; and suggests that the nature of the relationship between nonformal education and mainstream schooling has changed. Not only have the two sectors become more interdependent, but the formal education sector increasingly acknowledges nonformal education’s important and necessary roles. These changes signal a significant departure from the past in the overall functioning of Japanese education. The case studies include: neighbourhood homework clubs for migrant children, community-based literacy classes, after-school care programs, sport clubs, alternative schools for long-term absent students, schools for foreigners, training in intercultural competence at universities and corporations, kôminkan (community halls), and lifelong learning for the seniors. This book will appeal to both scholars of Japanese Studies/Asian Studies, and those of comparative education and sociology/anthropology of education.

出版社のページ
http://www.tandf.net/books/details/9780415745307/

amazon.co.jpで購入
http://www.amazon.co.jp/dp/0415745306
[PR]
# by jies | 2015-11-20 15:08 | 会員の活動紹介
李承赫会員(森有礼高等教育国際流動化センター)より表題シンポジウム(2014年11月20日[木]14:00-17:00、一橋講堂)について情報提供がありました。

以下のウェブページから参加をお申し込みいただけます。

http://www.arinori.hit-u.ac.jp/event20141120.html

概要
 グローバル化が進み日々変容する知識基盤社会においては、高度な教養を備えた柔軟で適応力に富む人材が求められると言われます。近年、英国をはじめ海外有数の大学が高度なアーツとサイエンス教育に注力しているのはそのためです。
 今、企業や社会は大学に対してどのような教育を期待しているのでしょうか。海外の大学は教育の国際化と高度化を推し進める上で、どのような目標をかかげ、どのような具体的実践を講じているのでしょうか。
 日本の財界と芸術界のトップを迎え、またアーツとサイエンス教育で先端を行く海外有力大学の取組代表者を講師として、グローバル化時代に求められる人材像を明らかにし、社会の信頼に応える大学教育のあり方を探ります。

プログラム
司会:松塚ゆかり (一橋大学森有礼高等教育国際流動化センター教授・副センター長)

【挨拶】
山内 進 (一橋大学長)
14:00~14:10

【第1講演】
北山 禎介 (三井住友銀行会長)
「企業が求めるグローバル人材と教育への期待」
14:10~14:40

【第2講演】
青木 保 (国立新美術館館長)
「グローバル化の中の大学と文化」
14:40~15:10

—休憩— 15:10~15:20

【第3講演】
Frances Cairncross (Rector Emeritus, Frances Cairncross, Oxford University)
「国際社会を生きる若者にとって有効な教育とは:世界の大学が直面する試練」
15:20~15:50

【第4講演】
Carl Gombrich (Director, Arts and Sciences Programme, University College London)
「複雑化する国際社会における『自由教育』:解放への挑戦」
15:50~16:20

—休憩— 16:20~16:30

【パネル討論】
司会 足羽與志子(一橋大学社会学研究科教授)
パネリスト
北山 禎介, 青木 保, Frances Cairncross, Carl Gombrich, 井上 間従文(一橋大学言語社会研究科准教授), György Nováky(Uppsala University・一橋大学森有礼高等教育国際流動化センター教授)
16:30~17:40
*日英同時通訳がつきます。

お問合せ先
一橋大学 森有礼高等教育国際流動化センター 担当窓口 池田
電話: 042-580-9234
E-mail: arinori[at]dm.hit-u.ac.jp([at]を@に置き換えてください)
[PR]
# by jies | 2014-11-11 08:19 | 国際会議
c0046127_7341183.jpg

編著者:日本社会教育学会編
書 名:アイヌ民族・先住民族教育の現在
出版社:東洋館出版社
出版年月:2014年9月
定 価:3,132円 (本体価格2,900円)
ISBN:9784491030579
A5判 248頁

内容説明
日本の社会教育第58集では、これまで日本の教育学研究において本格的には行われて来なかった先住民族教育に取り組み、アイヌ民族・先住民族をめぐる教育課題にせまった。アイヌ民族教育の現状、アイヌ民族固有の教育機関設立への展望、アイヌ文化を学ぶための教材開発等のほか、沖縄や海外の先住民族の教育に関する論稿も掲載。

出版社のページ
http://www.toyokan.co.jp/book/b184945.html

amazon.co.jpで購入
http://www.amazon.co.jp/dp/449103057X
[PR]
# by jies | 2014-10-11 07:41 | 会員の活動紹介
「オーストラリアにおける教師の専門性の向上 ―西オーストラリア州の多言語使用支援策の現状から―」
"Professional Development of Teachers in Australia with a Specific Focus on the Multilingual School Student Cohort of Western Australia"

報告者:パトリシア・コニグスバーグ氏(西オーストラリア州教育省)
日時:2014年9月8日(月) 13:30~15:30
会場:早稲田大学14号館401教室
使用言語:英語(日英逐次通訳あり)
参加無料・事前申込不要

昨年9月にはオーストラリアの教員養成の改革動向について検討する公開研究会を開催いたしました。その継続的な企画として、今年は教育職の研修プログラムの開発やコーディネートに携わる州政府のスタッフをお招きし、教師の専門的成長を支える取り組みについて検討する研究会を開催いたします。西オーストラリア教育省からパトリシア・コニグスバーグ(Patricia Konigsberg)氏をお迎えし、「オーストラリアにおける教師の専門性の向上―西オーストラリア州の多言語使用支援策の現状から(Professional Development of Teachers in Australia with a Specific Focus on the Multilingual School Student Cohort of Western Australia)」と題し、西オーストラリア州の教員研修制度の概要とその改革動向について多言語使用支援策に即してご報告いただきます。

【問い合わせ】
国際交流担当理事:佐藤千津(東京学芸大学)
chizus※u-gakugei.ac.jp
(※を@に変えてください)

c0046127_22104710.jpg

[PR]
# by jies | 2014-08-08 22:12 | 研究会(それ以外)
日時:2014年9月6日(土)・7日(日)
場所:早稲田大学・早稲田キャンパス14号館

詳細については下記までお問い合わせいただくか、日本学習社会学会HP(http://learning-society.net)をご覧ください。

お問い合わせ:
169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学 教育・総合科学学術院 岩﨑正吾研究室 気付
日本学習社会学会第11回大会実行委員会(事務局長:呉世蓮)
learningsociety2014※yahoo.co.jp
(※を@に替えて下さい)

c0046127_1043563.jpg

[PR]
# by jies | 2014-06-11 10:05 | 会員の活動紹介
日時: 2014年3月4日(火)13:00~17:30
場所: 東京外国語大学・留学生日本語教育センター棟 桜ホール

プログラム等につきましては決まり次第お知らせいたします。

お問い合わせ:
岡田昭人(東京外国語大学)
電話:042—330—5308
FAX: 042—330—5308
mashhuraxon1※yahoo.co.jp
(※を@に替えて下さい)

c0046127_23152758.jpg

[PR]
# by jies | 2013-12-21 23:15 | 研究会(学会主催)
「グローバル化時代における「日本」の知を考える:社会学・人類学・日本研究からの視座」
"Knowledge of/in 'Japan' in an era of globalization: perspectives from sociology, anthropology and Japanese Studies"


日時:2013年12月27日(金) 10:00-17:00
会場:東京外国語大学 アゴラグローバル プロメテウスホール
参加無料・申込不要

高等教育のグローバル化と英語化が加速するなか、研究者がその現状をどう認識し、どのような行為をとるかは、個人の属する学問分野、年代、言語的・社会的背景などにより様々であると言えます。ともすれば高等教育における「グローバル化」の議論は、人材育成や競争力促進を前提とする制度面の問題と改革に注目が集まる傾向にあり、研究者自身のライフコース戦略や、重層的かつ不均衡な知のフローと研究実践との関連性にはこれまで焦点は十分に当てられてきていません。そこで、本シンポジウムでは、学問の知識市場の複層性、不均衡性に目を向け、「辺境」としての日本と「中心」としての日本の両面を経験的に理解することによって、日本に関する社会科学的な知を相対的かつ多角的にとらえることを目指します。

【詳細】
https://sites.google.com/site/japansympo2013/

【問い合わせ】
japan.tufs2013※gmail.com (堀口・井本)
(※を@に変えて下さい)
c0046127_21142590.jpg

[PR]
# by JIES | 2013-12-04 21:13 | 研究会(それ以外)
「オーストラリアの教師教育とグローバルな教育改革課題」
"The Impact of the Global Reform Agenda on Teacher Education in Australia"


報告者:ゼーン・マ・レーア氏(モナシュ大学)
日時:2013年9月30日(月) 10:00~12:00
会場:明治大学グローバルホール
使用言語:英語(日本語への逐次通訳あり)
参加無料・事前申込不要

オーストラリアからモナシュ大学のゼーン・マ・レーア氏(Dr. Zane Ma Rhea, Senior Lecturer, Faculty of Education)を迎え、公開研究会を開催いたします。ゼーン・マ・レーア氏はモナシュ大学教育学部において教師教育の研究や実践に関わり、近年は先住民族のための教員養成プログラムのコーディネートや、全州共通基準として策定された教員のプロフェッショナル・スタンダード(Australian Professional Standards for Teachers)の研究などに携わっておられます。研究会では「オーストラリアの教師教育へのグローバルな教育改革課題の影響(The Impact of the Global Reform Agenda on Teacher Education in Australia)」と題してご報告をいただき、大きく変わりつつあるオーストラリアの教師教育の最新情報を伺いながら、教師教育システムをグローバルな視点から捉えてみます。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

【問い合わせ】
国際交流担当理事:佐藤千津(東京学芸大学)
chizus※u-gakugei.ac.jp
(※を@に変えてください)
[PR]
# by JIES | 2013-08-19 09:54 | 研究会(それ以外)